ゆるい移住ブログ ゆるブロ

神戸まちづくりアイデアソンという名の家族旅行!

神戸まちづくりアイデアソンという名の家族旅行!

神戸まちづくりアイデアソンという名の家族旅行!


12月に、超必死に丹波レポートを書いたんだけど、その後にある一番のメインイベント、コミュニティ集結‼︎神戸まちづくりアイデアソン KOBE IDEA HACKにてんやさんと行ってきました。

今回のアイデアソンは、「若者」、「IT」というキーワードで、神戸の抱える様々な問題を解決するアイデアを提案するもの。

神戸内外の11の団体、チームが参加しました。

 

うちらはゆるパブチームで参加!

てんやさんと私と、個人で参加された方の3人での混合チームでした。

 

「ゆるいパブリック」。

お名前間違いをばってんで直す。

ゆるい。

 

image

 

連れてきてくれたゆるい移住メンバー久保さんは、COPLI U-35の代表。

今回は運営側で頑張っていました。

 

image

 

アイデアソン、私は初の参加で、何するの?って感じだったけど、終わってみたら本当に楽しかったし、勉強になった。

1日の流れは、神戸の課題にちょっと触れて、各グループでの問題提案とその解決のためのアイデア出し、資料作成、発表、懇親会って感じ。

 

image

 

まず、うちら神戸の人じゃないしさ、神戸の課題とか知らんよって感じなわけね。

しかも、その前段として丹波視察に行ったわけだけど、私むしろ神戸視察したいよと思ったよ笑

けど、神戸にあまり縁のない3人だからこそ感じた神戸の問題点がたくさんあったので、その辺を解決したいなと思って、1日頑張りました。

 

まず神戸ね、汚い。

夜景が綺麗で、おしゃれなお店やお菓子屋さんがあって…

ていう漠然としたイメージがあるんだけど、頭の中に勝手に思い描いている神戸の街並みがどこにあるのかさっぱりわかんない。

神戸の中心?なの?な三宮なんて、池袋とか、汚い新宿、渋谷並みの雰囲気。

駅近のショッピングセンターとか、まじださいし。

このイメージと現実の落差が半端ないのが残念だなーって思った。

 

街の規模がコンパクトな割には融通きかない感じするし、人口は減ってるし、駅は統一感なくてわかりづらいし、もう問題ばっかじゃんって。

それを会場の外で話してたら、神戸の人たちめっちゃ残念そうな顔をしていた。

が、それが外から見た神戸の現実ですよ笑

 

ので、観光にスポットを当ててアイデアを出してみました。

詳細はとりあえず省くけど、神戸の近隣の地区の人が、知られざる神戸について若者に発信してもらって、体験を共有できるようなアプリって感じかな。

「ゆるとりっぷ」って名前ね。

 

最初は問題点はたくさんあるけど、外から見てると、ハードの問題点ばっか目に付いちゃって、それを「若者」と「IT」でどうにかできるサービスなんて全く思いつかなかったのね。

だからとりあえず、一緒に参加した方に、てんやさんと私で、ゆるい移住で起こっていることや、丹波で感じたことをひたすら語ってみた。

そしてらそこからうまくアイデアを抽出してくれたみたいで、一気に大まかな形が出来上がって…。

アイデアソンのベテラン、やっぱすげー。

 

この感じは、JK課なんだろうなー。

とりあえず話してみると、気づかなかった問題点や、その解決になりうるアイデアやキーワードが出てくる。

JK課をプチ体験した気分になった。

 

あとはもう江戸は役立たずなので、パワポ資料や、アプリのイメージ画像が出来上がるのを見守って、発表順を決めるゲームに参加したりしていました。

 

優勝商品は神戸牛だったから、俄然やる気だったんだけど、惜しくも入賞は逃してしまいました。

でも、たくさんのグループの考え方やアイデアに触れて、すごく楽しかったなー。

 

町内会に若者が活発に参加できるような持ち寄りパーティーとか、オープン団地的なアイデアが結構あったのも、嬉しかった。

 

個人的には、丹波チームのプレゼンが好きだったなあ。

地方創生って、小さい街がやることで、丹波は大阪や神戸っていう近隣の都市から人が欲しいんだよね。

なのに、神戸は人口減ってるから、とりあえずどっかから人が欲しい!

丹波から人を取る気ですか?って笑

本当にそうなんだよね。

神戸が見習うべきは横浜や福岡やそのレベルの都市だし、ねえ笑

冗談っぽく核心をついた主張をしてて、さらに丹波にもメリットのあるアイデアで、おもしろかった。

 

あと思ったことは、アイデアソンで出たアイデア、

「今日は神戸市の職員も来ているので、使えそうなアイデアがあると嬉しいですー。」とか言ってたけど、実行しろよ笑

アイデア出しました、勉強になりますね、参考にします。

じゃ、結局何も変わんないんだよね。

鯖江と比べて申し訳ないけど、鯖江なら即実行されるんじゃないかな。

プランコンテストなんかはそうだしね。

もっと、現実の問題解決に直結するイベントのが意味があるなあと思った。

 

アイデアの良し悪しどうこうよりも、実行力が未来を変えるんだと思う。

ので、優勝アイデアは即実行に移されますってイベントの方が、やる気も満足感も上がる。

 

でもあれだなー、神戸の問題を考えていたら、いかに鯖江がすごいかわかる。

まず、産業がメガネ、漆器、繊維と、これ!って言えるものがあるのはすごい。

そして、意識の高い移住者がいることとか。

 

自分が神戸を変えるぞ!って思って移住してくる人なんていないもんね笑

自分が神戸側に染まるぞ!ってなりがち。

そういう点でも、神戸ってすっごく中途半端な街なんだろうなあ。

もったいない。

 

なんかもっと言いたいことはあったはずだけど、私今からオープン団地のホワイトデーイベントに行くので、この辺で。

 

とはいえ、今回はアイデアソンという名目の家族旅行だった気も笑

私とてんやさんは前日に久保さんに有馬温泉に連れて行ってもらって、帰りはつーちゃんも合流して。

鯖江じゃないところでゆるい移住メンバーに会うあの安心感はなんとも言えない。

やっぱりこれは家族なんだろうなと思った。

楽しい週末でした。

ゆるい移住ファミリー最高。

 

またこうやってみんなでお出かけしたり、よその地域活性に首突っ込んでみたり、いろいろしたいな。

 

最後に、COPLIをはじめ、神戸、丹波の皆さん、ありがとうございました。

またぜひお会いしましょう!

そして、鯖江、オープン団地にもぜひ来てください。


The following two tabs change content below.
ものを書くことをお仕事にしているんだけど、ゆるブロを書くことの方が楽しくなっちゃって仕事より真剣。 実は夏までパティシエだった謎の23歳。 最近の野望は、「ゆるブロのしおりん」の名を鯖江中に轟かせること!

最新記事 by 江戸 しおり (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です