ゆるい移住ブログ ゆるブロ

RENEWで目一杯遊んできました!

RENEWで目一杯遊んできました!

RENEWで目一杯遊んできました!


 

 河和田地区とは

 

鯖江市の東部にある河和田(かわだ)地区。

ここには越前漆器やメガネづくりなど、様々な工房があります。

三方を山に囲まれた小さな集落ですが、最近では漆器の技術を応用したブランドが活躍したり、移住者の受け入れに積極的であったり、伝統的な文化を継承していこうと様々な取り組みが行われています。

こんなに素敵な景色があったり…

 

image

 

これは別件の撮影に参加してきたんだけど、とってもナチュラルなのに、こんなに素敵な画が撮れちゃったり…

 

image

 

まるでタイムスリップしたような風景に出会ったり…

 

image

 

とにかく、歩いてみるだけで素敵な町なんです。

河和田の魅力は、正直私には表現することが困難なくらいたくさんあるので、ぜひ実際に行ってみて、どんなところか自分の目で確かめていただきたいです。

 

 RENEWとは

 

そんな河和田地区には、前述したように、漆器、メガネの工房があったり、ものづくりをするために移住してきた人たちが運営している工房がたくさんあります。

そんな普段は閉ざされている工房を一般に公開したり、ものづくりが体験できる楽しい催しがRENEWです。

今回が初の試みだそう。

実は、河和田のTSUGIというデザイン会社のお手伝いをしているゆるい移住メンバーがいて、今回は彼にこのRENEWを教えてもらって、ゆる〜く遊んできました。

本日11月1日も開催していますので、ぜひ行ってみてはいかがですか?

 

 RENEWの楽しみ方

 

まずはRENEWの楽しみ方について!

まずは総合案内所のうるしの里会館に行ってパンフレットをもらったり、参加団体の概要がわかる展示があるので、軽く予習をしておきましょう。

 

image

 

image

 

あとはパンフレットを見ながら、気になるスポットをどんどん回ってみてください。

普段は見ることのできない工房が見られたり、楽しいものづくり体験ができます。

 

が、さらにRENEWを楽しむコツがあるんです!

それがこちら。

 

image

 

私はなんのひねりもなく、「三角」と呼んでいます笑

この三角形、木製なんですが、いろいろな色があって、それぞれの工房で1つずつもらうことができます。

スタンプラリーの要領で、行く先々で三角集めをしてみてください。

そして帰りにこの三角を持ってうるしの里会館に戻ると、裏にピンをつけてくれて、おしゃれなブローチにしてくれます!

さらに、8個集めると、額に入れて可愛いインテリアにすることもできちゃうんです。

 

image

 

最後は三角集めに必死だった私、なんとか8個ゲットできました!

楽しいー!

こんな感じで、楽しみ方は人それぞれ!

自分なりの楽しみ方を見つけて、RENEWを満喫してみてください。

 

 ちょっとだけ紹介…

 

本日もRENEWは開催中ですので、ネタバレにならない程度に今回まわったスポットをちらっと紹介しちゃいます。

参考にしてみてください。

 

Hacoa

越前漆器の木地技術を応用した様々な木製雑貨を製造、販売しているメーカーです。

 

image

 

東京、横浜にもお店のある人気メーカーです。

有名どころはこれかな?

木製キーボード!

 

image

 

かわいい携帯カバーもあったり…。

 

image

>【アウトレット特別価格】ハコア iphone 6plus ケース / Hacoa アイフォン 6プラス / 木製 カバー 携帯入れ 専用ケース おしゃれ プレゼントギフト

価格:4,455円
(2017/2/26 17:19時点)
感想(0件)

今回、Hacoaさんでは鉛筆作り体験ができるんです。

日頃使っている鉛筆はどうやってできているのか、意外と知らない真実がわかっちゃいます!

 

image

 

小さなお子様もやっていたので、家族でも楽しめそうですよ。

実は今回、この鉛筆作りがやりたかったので、欲望のままに鉛筆を作ってきました!

その様子はこちらから

>■木製名刺入れと印鑑ケースのギフトボックス「Gift Box Hacoa CardCase & Seal Case Walnut Set」

価格:11,880円
(2017/2/26 17:18時点)
感想(17件)

デジタル工房

うるしの里会館の中にある3Dプリンター、3D切削機の見学ができます。

自分でデザインした形を3Dプリンターで形にする体験もできちゃいます。

 

image

 

土直漆器

伝統技術と新しいデザインを組み合わせた現代のニーズに合ったものづくりをしている工場です。

こんなに可愛らしい漆器があったり、お子さんにも嬉しいですね。

 

image

>越前漆器 名入れ百合椀と箸【土直漆器/福井】

価格:16,200円
(2017/2/26 17:21時点)
感想(0件)

●TSUGI

移住してきたデザイナーや職人6名で活動しているデザイン会社です。

おしゃれな雑貨を買うことができる、女子受け必至のスポットです。

 

image

>Sur (サー) pierce (ピアス) 【長方形Aクリア+パール】

価格:4,968円
(2017/2/26 17:22時点)
感想(0件)

下村漆器

病院給食用食器や高級木製漆器など、幅広い漆器製品を製造、販売している大きな会社です。

展示スペースでは様々な漆器製品を見ることができます。

 

image

>【彩シリーズ漆器・和色5色】彩(いろどり)珍味入れ 手塗り色漆 5色 越前漆器の職人・下村漆器オリジナル商品・和色

価格:6,480円
(2017/2/26 17:23時点)
感想(0件)

ろくろ舎

越前漆器などの木地製作、独自のオリジナルプロダクトの製作、販売を行っています。

 

image

 

これが漆器になる前段階の木地。

ろくろ舎では写真の左から2番目までの作業を行っているそうです。

 

image

 

工房って感じ。

 

image

 

この雰囲気にやられますよね。

カフェとして使ってみたい…

 

image

 

丸太の状態から一つ一つ削り出した木製の鉢植え、TIMBER POTも販売しています。

木のぬくもりがあたたかくてとってもおしゃれ。

 

image

>【TIMBER POT No.3(φ10cm)】あなたとともに育ち、なじんでゆく木製の鉢植えです(専用箱入り)[木製/国産/ギフト/お歳暮/贈答用/箱入り]

価格:3,780円
(2017/2/26 17:23時点)
感想(0件)

実はこの夜、ろくろ舎ではとっても楽しいイベントに参加することができました。

その様子はこちらから。

 

漆器久太郎

創業は大正12年の歴史ある漆器のお店。

アールデコシリーズのお皿は、伝統的な漆器の重厚感と、現代のおしゃれなデザインが融合して、とっても可愛らしいアイテムが揃っています。

 

image

>越前塗 銀波 ビアカップ 朱

価格:6,480円
(2017/2/26 17:24時点)
感想(0件)

●山うにたこ焼き

鯖江のコアグルメにはまっては地元民にその良さを伝えて、半ば強制的に食べさせている私ですが、もちろん河和田地区にもおすすめグルメがあります。

それが山うにたこ焼き!

 

image

 

山うにとは、河和田地区の伝統的な調味料で、柚子と唐辛子などを混ぜた、いわば柚子胡椒の唐辛子版!

柚子の香りとピリッとしたからさがやみつきなるんですが、これがたこ焼きの中に入っているんです。

おすすめは醤油でさっぱりと。

うるしの里会館前に屋台があるのでぜひ試してみてください。

とっても優しいお兄さんたちがたこ焼きを作ってくれますよ。

 

image

 

 最後に念押しの宣伝…

 

TSUGIに行ってすっかり河和田の人と化しているゆるい移住の彼に、とにかく宣伝を!と言われたので、現在午前2時半ですが、朝までにこれを書かねば!と必死です。

ので、最後に念押しの宣伝します!

RENEW、本日11月1日も開催します。

今日は13時から片山八幡神社での秋の実りの音楽会や、17時からうるしの里会館で特別トークイベント ”未来のつくる”をつくるも行われるので、ぜひそちらも見に行ってみてください。

新たな河和田の魅力がわかること間違いなしの素敵なイベントです。

 


The following two tabs change content below.
ものを書くことをお仕事にしているんだけど、ゆるブロを書くことの方が楽しくなっちゃって仕事より真剣。 実は夏までパティシエだった謎の23歳。 最近の野望は、「ゆるブロのしおりん」の名を鯖江中に轟かせること!

最新記事 by 江戸 しおり (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です