ゆるい移住ブログ ゆるブロ

ゴンさんの畑の恵みたち

ゴンさんの畑の恵みたち

ゴンさんの畑の恵みたち


先日、ゴンさんの畑に遊びに行ってきました!

ゴンさんって…?

って感じですよね。

ゴンさんは、先日のゆるい移住ワークショップで知り合った高年大学の方。

私たちの家の近くに畑があって、野菜おすそわけするよーと言ってくれていて、今回本当に畑にお邪魔しちゃいました。

 

家から歩いて15分ほどだったので、てくてく歩いていたら、軽トラに乗ってゴンさん登場!

乗ってきな!と言われたので、軽トラの荷台に乗せてもらうことにしました。

 

image

 

ゆるい移住の私のお兄さん、つーちゃんと軽トラの荷台でテンション上がってます笑

 

image

 

こちらがゴンさんの畑!

この辺りは家庭菜園…というには規模が大きいですが、みんな畑を持っていて、野菜は自給自足という人が多いんだとか。

また、畑やりたいから場所が欲しいという人にも余った土地を貸したり、やり方を教えたりして楽しく畑仕事をしているよとのこと。

通りかかる人に挨拶したり、とっても楽しそうなゴンさんでした。

 

image

 

ゴンさんの畑の野菜もお家で食べる用で、出荷はしていないそうなんですが、実はゴンさんの畑の野菜が食べられるお店が一箇所だけ。

それが、サバエ・シティーホテルのイル・ヴィゴーレというイタリアンレストラン。

唯一ここにだけは野菜をちょっとだけ卸しているそうです。

でも、それ以外は本当に自家用で食べきれないので、こうやってよくおすそ分けしているんだそうです。

 

まずは水菜!

お鍋に入ってると、こだわり感増しますよね。

 

image

 

赤カブも出てきました!

 

image

 

大根もきました!

まだちょっと細いですが、十分ですよね。

 

image

 

そしてこれ、なんだと思いますか?

 

image

 

なんと、これ白菜なんです!

これは植えてから1ヶ月ほどだそうなので、まだ白菜っぽくはないですが、これがだんだん真ん中に集まってきて、あの見慣れた白菜になるんだとか。

葉っぱにたくさん虫食いの跡がありますが、これこそ無農薬の証!

お店には並べられないけど、家で食べるなら安全で嬉しいですよね。

カエルも発見!

 

image

 

これがちょっとだけ真ん中に集まってきている白菜。

 

image

 

そして里芋。

こんなに大きく育つんですね。

 

image

 

茎を切って掘っていきます。

 

畑

 

真ん中の親イモに普段食べる里芋がたくさんくっついているんですね。

周りのイモをおがくずなどに入れて保管しておけば、春にまた植えてずっと里芋を取り続けることができるんだそうです。

種芋の保管ができなかったーなんて時は、ゴンさんの所にちょっとちょうだいと来る人もいるみたいで、みんなで持ちつ持たれつでやっているそうです。

 

ちぎって土をはたくまでやってくれるゴンさん、優しすぎる。

里芋は土の質で硬さが結構変わるみたいなんですが、ゴンさんの畑の里芋は柔らかめらしい。

 

image

 

こちらはオクラ!

収穫時期を逃したらしく、だいぶ大きくなりすぎちゃってます。

自分の家の分だけの畑をやっていると、どうしても食べきれなくてこうなっちゃうとか。

ここまで大きくなるんですねー。

 

image

 

野菜を収穫しながらもたくさんの話をしてくれたゴンさん。

歳が離れていると、今時の若いもんは…とか思われてるのかなって思いがちですけど、全然そんなことはなくて、むしろ関わってきてくれるとこっちも嬉しいし、いろいろ話したいって気になるよと言っていました。

どんどん地域の人の輪に入っていったらもっと楽しくなるよーと言われたので、がんがん行きたいですね。

とっても優しいゴンさん。

おじいちゃんがいない私にとっては鯖江のおじいちゃんって感じ。

とっても楽しかったです。

 

結局こーんなにたくさん頂いちゃいました!

 

image

 

帰りも軽トラで田舎道をお散歩気分!

ゴンさんは蕎麦も育てているそうで、蕎麦畑は今がちょうど収穫の時期みたいです。

 

image

 

鯖江って柿の木がたくさんあるんですよね。

柿をもらったゆるい移住メンバーもいて、柿で溢れている町だなあっていっつも思います。

image

 

そんな感じで軽トラの旅をして、ゴンさんにお家まで送ってもらいました。

ちょうどこの次の日は歓迎会&地元巻き込み飲み会があったので、もらった里芋を早速処理。

なんだかんだ5時間くらいかかったらしい。ありがとう…。

 

image

 

そしてこの野菜たちが、こうなった!

サラダにおでんに芋煮にピクルスにちょっとしたおつまみ!

 

image

 

そしてゴンさんの畑をいただく会と称して新メンバー久森さんの歓迎会&地元巻き込み鍋会を開催しました。

すでにゆるい移住メンバー?なゆるい移住応援団長と市議会議員葵さん、そして先日河和田で出会ったしばたさんも参加してくれました。

とりあえずかんぱーい!

 

image

 

新メンバー久森さん、しばたさん、ゆるい移住のお部屋へようこそ〜。

 

image

 

ちなみに、「福井県民ようこそ言い過ぎ問題」は、主に移住民が言ってるのでは?との意見が。

「あなたも移住してきちゃったのね。ようこそー。」なニュアンスで。

あー、そういう見方もできそう。

謎はまだまだ深い。

 

河和田で出会ったしばたさんは、旅する書道家!

名前を聞いてからちょっと目を見て、インスピレーションで素敵な文章を書いてくれるとってもすごい方なんです。

音楽もやったり、とっても多彩な自由人。

こんな生き方素敵だなー。

ナオトインティライミにしか思えないので、勝手にライミさんと呼んでます笑

そして無茶振りに応えてマジックで普段の感じを再現してくれてます…。

 

image

 

しばたさんは、ゆるい移住応援団長と同じくお隣の越前市出身。

地元トークで盛り上がっていて、みんなが楽しそうでよかった!

 

今まではゆるい移住×地元住民だったのが、ゆるい移住が地元住民×地元住民の交流のきっかけになっていたりして、なんかそれってすごいと思ったり。

私たちのお部屋だけど、それって市民のお部屋ってことじゃん。

移住民が地元民の交流のお手伝いをしちゃうってなんか不思議だけど、かなり楽しいし、なんかハッピー!

これからもたくさんのつながりができるといいな…。

 

最後にみんなで記念撮影。

ゆるい移住の「Y」です笑

牧野市長の鯖江ラブに大きな影響を受けて考案されました。

 

image

 

こんな感じで、ゴンさんから頂いた野菜、みんなで美味しく楽しくいただきました。

ありがとうございました!

 

image

 

地元の方とのこんな関わり方、とっても素敵ですよね。

やっぱり鯖江が好きで好きでたまんない!

ゴンさんには、また来てね&みんなで鍋でもしようと誘ってもらったので、ぜひみんなで鍋したいなー。

 


The following two tabs change content below.
ものを書くことをお仕事にしているんだけど、ゆるブロを書くことの方が楽しくなっちゃって仕事より真剣。 実は夏までパティシエだった謎の23歳。 最近の野望は、「ゆるブロのしおりん」の名を鯖江中に轟かせること!

最新記事 by 江戸 しおり (全て見る)

2 thoughts on “ゴンさんの畑の恵みたち

  1. 匿名希望

    様々な人同士がどんどん繋がっていくと、相乗効果で次から次へと色んなアイデアや価値が生まれていきますね。
    今後どんなことがあるのか、チャレンジするのか、何が起きるのか楽しみに拝見しています。

    1. 江戸しおり

      匿名希望様

      コメントありがとうございます。
      ここ何週間かで急に繋がりが増えたので、これからどうなっていくか私たちも楽しみです。
      当面はゆるい移住が地元の人にとっての楽しい場所であったらいいなと思っています。

      今後のゆるい移住にご期待ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です