ゆるい移住ブログ ゆるブロ

SHOWタイムカプセル

SHOWタイムカプセル

SHOWタイムカプセル


ゆるパブ会議でもなんとなく実施を匂わせてきた前代未聞のタイムカプセル、「SHOWタイムカプセル」。

リーダーが中心にいろいろな話を詰めてくれていて、一昨日ついに、タイムカプセル作りが始まりました。

 

このSHOWタイムカプセルが、普通のタイムカプセルと違うところは、まず、超短期間なこと。

3月下旬にタイムカプセルを完成させて、開けるのは7月頃。

3ヶ月ちょいで開けるの。

全然タイムカプセルじゃないよね笑

 

そして、このタイムカプセル、コンクリートで作ります。

コンクリートの中に手紙を入れるので、開けるときは破壊。

 

さらにこのタイムカプセル、埋めません。

だからshortでshowな「SHOWタイムカプセル」。

 

ゆるパブのどぼじょ(土木女子のことらしい。)こと高専生のくにっきーときえちが発案してくれて、2人がリーダーとしていろいろな調整をしてくれて、やっとタイムカプセル作りの段階まできました。

コンクリートで作るので、もちろん私たち素人だけではできません。

ということで、鯖江にある建設会社の方に協力していただいて、このプロジェクトは順調に進行中です。

 

今回協力してくれたのは、鯖江の榊原建設さん

未来の明るい建築業に何か貢献できるなら…と、お忙しい中で数回の打ち合わせから、タイムカプセルの設計、今回の作業の指揮と、全面的に協力してくださっています。

本当にありがとうございます!

地元の企業と関わることも、ゆるパブにとってとても有意義なことだし、地元貢献にもつながるのかなと思うので、地元企業との初コラボプロジェクト、とってもわくわくしています。

榊原建設さんのブログでも、今回の作業のことを書いてくださっているので併せてご覧ください!

 

土建屋あにき「学生さん達とのタイムカプセル」

 

今回の作業は、塗装コンパネの切断、枠組みの作製、型枠組み立て、配筋でした。

と言っても、なんのことかさっぱりわからないよね笑

やった私もわからない笑

 

とりあえず、この作業の日を迎えるにあたって、榊原建設さんはタイムカプセルの設計図を作ってくれたんだけど、見ても全然意味わからん。

なんか、作業をするから作業服でって言われたけど、一体私たち何をするんだって感じで現場到着。

 

まずは、作業の説明から。

 

image

 

聞いてもやっぱりわからない笑

大多数の素人を相手に、きっと不安も多分にあったと思うんだけど、その都度説明していくからとりあえずやってみましょう!と優しいお言葉をかけてもらってちょっと安心。

リーダーのくにっきーが、何にもわかってない大人達をまとめていく…。

しっかり者で頼りになります!

 

image

 

そして、なんとなくグループにわかれて作業開始。

まずは木に印をつけて、どんどん切っていきます。

 

image

 

子供達もこういう作業は大好き。

大人に混じってたくさんお手伝いしてくれました。

 

image

 

続いて、塗装コンパネの切断。

リーダーきえち、超かっこいい。

 

image

 

このあとは、最初に切った木と塗装コンパネを組み合わせていきます。

久々に釘打ったよ。

たまにはこういうのも楽しいね。

 

image

 

大人も子供も、男子も女子も夢中で作業。

一から作業してタイムカプセル作るっていう、体験型タイムカプセルとして流行らせたいな。

こんな楽しいタイムカプセルないでしょ!

 

image

 

初めて使う器具もたくさんあって難しかったけど、最初は設計図を見てもよくわかんなかったものが、だんだん出来上がってきてすっごいわくわく。

 

image

 

そして、3時間ほどかけて、3つの枠組みが完成!

このあと、コンクリートの打設があるのですが、それはまた後日。

 

ていうか、コンクリートって打設するっていうのね。

流すってイメージだったけど。

初めて知ることがたくさんあって、とっても楽しむことができました。

 

image

 

この枠組みの形、タイムカプセルなの?って感じだけど、目指しているのはベンチです。

メッセージが入ったコンクリートのベンチ笑

 

これを鯖江の恋人の聖地に置きます。

で、座ったら幸せになれるかもとか言っとく。

超おもしろい。

 

会議の時に、その辺に置いてあって盗まれたらどうすんの?って話になったけど、盗まれたらそれもそれで面白すぎるでしょ。

てか、どうやら完成系の重量は160kgになるらしい。

重すぎ笑

設置するのにも恐怖を覚えるレベル。

だから多分盗まれない。と思う。

 

そのうちコンクリートのベンチをあなたの家の近所で見かけるかもしれません。

その時は、この話を思い出してね。

そんで、ちょっと座って、鯖江のこととか、好きな人とか、将来の夢とか、いろいろなものに想いを馳せていただければと思います。

続報はまたゆるブロか、ゆるパブコラムで書くと思うので、お楽しみにー。

 

今回協力してくださった榊原建設さんをはじめ、伍代工務店さん、アイデアルホームさん、お忙しい中ありがとうございました。

今後とも宜しくお願いします!

 


The following two tabs change content below.
ものを書くことをお仕事にしているんだけど、ゆるブロを書くことの方が楽しくなっちゃって仕事より真剣。 実は夏までパティシエだった謎の23歳。 最近の野望は、「ゆるブロのしおりん」の名を鯖江中に轟かせること!

最新記事 by 江戸 しおり (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です