ゆるい移住ブログ ゆるブロ

しっぽり歓迎会&鯖江駅の傘の不思議

しっぽり歓迎会&鯖江駅の傘の不思議

しっぽり歓迎会&鯖江駅の傘の不思議


 

 プチ歓迎会

 

ゆるい移住のお兄さん、久保さんとセカイセイハに行った帰り、ちょうどもう1人のお兄さん、つーちゃんが鯖江駅についたので、3人でご飯に行きました。

実はつーちゃんは週末のみの移住民だったのですが、ゆるい移住や鯖江が気に入りすぎて、鯖江にガチ移住してきたツワモノです。

とっても仲良しだから、すっごく嬉しい!

今回は駅前にある居酒屋 きぼう味に行ってきました。

 

 

image

 

私は梵!

鯖江ラブなのでいつだって梵!

とりあえずつーちゃん、ガチ移住おめでとう&ようこそ!

 

歓迎会

 

と、並行して江戸飲めや会も行われました。

女の子なんでね、飲まないとやってられないこともあるんですよ笑

鯖江では傷ついたり悩んだりするたびに、こうやってクソガキ江戸しおりを励ましてくれる優しいお兄さんお姉さんがたくさんいて、私本当に毎日幸せなんです。

江戸飲めや会では手酌は許されません。

幸せが逃げるらしいです。

 

image

 

このきぼう味は前に男子メンバーが行ったことがあるらしく、里芋のにっころあげがめちゃくちゃ美味しいと聞いていたので、早速注文!

お店の人気メニューらしいです。

 

image

 

にっころをあげちゃうっていう手間のかけよう。

味がしみてるんだけど、外はサクサクで本当においしかったです。

宅飲みでは男料理ながらも超美味しいおつまみを作ってくれるつーちゃんもこれをつくりたいらしいんだけど、にっころの時点でみんなに完食されて、あげができないらしい。

次から控えよう。

でももうあんなに大量にあった里芋がない…。

 

そして、福井に来たならこれ!へしこ!

 

image

 

鯖に塩をふって、さらに糠漬けにした若狭、丹後半島の伝統料理です。

越冬の保存食として重宝されていたそうで、鰯へしこ、河豚へしこなども若狭にはあるそうです。

名前の由来は、

漁師が魚を樽に漬け込むことを「へし込む」と言ったことから、「へし込まれた物」が略されて「へしこ」となったという説、魚を塩漬けにする際に滲み出てくる水分のことを「干潮(ひしお)」と呼んだことから、これが訛ったものであるとする説、アイヌ語で「へしこ(pe-si-kor)」=「滲み出てくる水分が・それ(味、保存性)を・産む」に由来する説
出典:Wikipedia

など様々なようです。

 

結構しょっぱいのでちょっとずつ食べてお酒のおつまみにしたり、ご飯のお供にするのがおすすめです。

他にもカマンベールチーズフライやジャガバタなどの美味しいおつまみ、へしこ茶漬けや釜めしなどの〆も充実しているおすすめのお店です。

 

 鯖江駅の傘の不思議

 

最近鯖江は雨続きで、これが北陸!っていうのを実感する毎日なんですが、帰りに鯖江駅ですごいものを発見!

その名も「傘レンタルサービス」。

 

image

 

全国の女性に北陸の旅をプロデュースするおもてなしプロジェクト「ガールズJRホクリク」がこのサービスを提供しているそうです。

 

実は私、先週末金沢旅行に行ってきたんです。

じゃん。

 

image

 

金沢駅は鯖江駅から特急を使えばちょうど1時間ほど。

途中には芦原温泉や加賀温泉もあって、鯖江は温泉好きも満足出来る好立地なんです。

 

で、その日の金沢はヒョウまで降ってくる最悪の天気で大変だったんですが、駅で同じ傘レンタルサービスを見かけてすごく気になっていたんです。

調べてみたら、鯖江、金沢以外にも、敦賀、武生、福井、芦原温泉、加賀温泉、小松、和倉温泉、新高岡、富山、黒部宇奈月温泉、糸魚川の駅でこのサービスは実施されているそうです。

返すときは借りた駅ではなく、このサービスを実施しているどこかの駅に返せばいいという便利なシステムです。

雨の多い北陸を旅するときには是非利用してみてはいかがですか?

 

【告知】

たんなんFM「ありかんおかげ」に出演します。

12月4日 13:15 OA

同日20:20〜リピーター放送もあります。

Ustream同時配信なので、全国どこからでもお楽しみいただけます。

 

image

 

オープンごはんでパーソナリティの中川さんに出会って、今回の出演が決まったというお決まりのゆるさ!

何を話すか知りませんが、いつも通りゆるく喋ってきます。

お楽しみに〜

 


The following two tabs change content below.
ものを書くことをお仕事にしているんだけど、ゆるブロを書くことの方が楽しくなっちゃって仕事より真剣。 実は夏までパティシエだった謎の23歳。 最近の野望は、「ゆるブロのしおりん」の名を鯖江中に轟かせること!

最新記事 by 江戸 しおり (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です