ゆるい移住ブログ ゆるブロ

たんなんFM「ありかんおかげ」

たんなんFM「ありかんおかげ」

たんなんFM「ありかんおかげ」


たんなんFM ほしのてつおの「ありかんおかげ」に出演してきました。

たんなんFM(たんなん夢レディオ)は鯖江駅近くの商店街、つつじホール1階にあります。

 

image

 

オープンごはんで隣に座った、たんなんFMパーソナリティーのほしのてつおさんのお陰で実現したこのラジオ出演。

ごはん食べながら、私ラジオって出たことないから、出てみたいです!って軽く言ったら、いいよいいよって出してもらっちゃいました。

ほしのさんは、たんなんFMは日本一ゆるいラジオ放送局だと言っていましたが、「ありかんおかげ」はその中で最もかたい番組らしい。

どんな位置付けなんだ…。

そんな「ありかんおかげ」も、ゆるい移住の巻き込みパワーでゆるーく楽しい時間にしてきました。

 

「ありかんおかげ」は毎週金曜日放送なんですが、先週は予定があって聞けず、どんな番組かもわからずに向かうという安定のゆるさ。

打ち合わせがあるから1時間くらい前に来てねー、とだけ言われていたので、

何喋るんだろう?

そもそも私は40分間喋り続けるのか、それともどこかのコーナーにゲスト出演するのか、それすらわからないレベル笑

 

約束通り1時間前にスタジオに行くと、お久しぶりのほしのさんが!

「ありかんおかげ」ってこんな番組なんだよというコンセプトや、放送の流れの確認をしつつ、打ち合わせという名の雑談。

ここで緊張をほぐして、リラックスモードで本番に入ってもらうのがほしのさん流だそう。

実は収録っていう手段もあって、この後も予定つめつめだったのでどうしようか迷ったんですが、やっぱラジオは生でしょ!ってことで、生放送にしてもらいました。

 

「ありかんおかげ」って、ありがとう、かんしゃ、おかげさまでって意味なんです。

私の人格形成に大きく影響した中学時代の部活の顧問もいつもそう言っていたなあ。

素敵なテーマソングも聞かせてもらって、とっても楽しい打ち合わせでした。

 

あっという間に本番1分前。

この時間が一番緊張かも。

結局何話すかそんなに詰めずに終わったし。

でもそのおかげで普通に話しているみたいに楽しく本番ができた気がします。

スタジオはこんな感じ!

 

image

 

まずは今年一年の振り返りから、ゆるい移住について、2016年はどうしていくかなど、年末ムード全開の話題で盛り上がりました。

こうやって話を引き出してもらうと、自分の人生がこの1年で大きく変わったけど、それは自分の意図している方向に向かっているから、当面はこのままで行こうって思いました。

 

ほしのさんは、出会い、人とのご縁を大切にしたいとおっしゃっていましたが、本当にそれには共感。

ほしのさんとの出会いも、たまたま一緒にご飯を食べただけなのに、ラジオに出るっていう激しく楽しい経験ができたわけだし。

鯖江に来てからは「出会い」っていうキーワードが自分の中でとっても大きなウエイトを占めていて、出会いによって自分の人生が大きく変わっていくんですよね。

でもその出会いを引き寄せているのは自分自身だから、やっぱり出会いは偶然じゃなくて必然なんだよねって話してました。

 

本番中に1曲流していただいたんですが、先週のセカイセイハでハマってしまったSOFFetの「がむしゃら凸凹大レース!?」を選んでみました!

今回かけたのはRetro Romanticというセルフカバーアルバムバージョンだったので、気に入った方は是非原曲も聞いてみてください。

 

そんな感じで40分は本当にあっという間!

とっても楽しい放送でした。

 

さらにその後も話は止まらず、結局トータル2時間半くらい話し続けました。

楽しすぎる。

 

最後はたんなんFM理事長の伊藤さんともお話することができました。

中学生くらいの時に日本一周をしたり、世界の様々な国に行っていたりと、刺激的なお話をたくさん伺うことができました。

ちょうどこの前日、jig.jpの社長、福野さんから伊藤さんのお話を聞いていたので、早々にご本人とお話することができて嬉しかったです。

また素敵な出会い!

たんなんFMの集まりにも呼んでいただくことになりました。

どこまで輪が広がるんだろう…

楽しすぎますね。

 

ありかんおかげ

 

実はゆるい移住の他のメンバーが、別のパーソナリティーの方と知り合ったりして、別枠の番組に出演するかもって話があったり、今後はたんなんFMをゆるく巻き込んでいくかもしれません。

ゆるい移住のレギュラー番組ができたらとっても楽しそうだなーとか、これからも暇を持て余した神々が鯖江で暴れまくりますので、楽しみにしていてください。

 


The following two tabs change content below.
ものを書くことをお仕事にしているんだけど、ゆるブロを書くことの方が楽しくなっちゃって仕事より真剣。 実は夏までパティシエだった謎の23歳。 最近の野望は、「ゆるブロのしおりん」の名を鯖江中に轟かせること!

最新記事 by 江戸 しおり (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です