ゆるい移住ブログ ゆるブロ

これなら上手くいくだろうと予定を組まれたゆるい移住の取材の受け方…

これなら上手くいくだろうと予定を組まれたゆるい移住の取材の受け方…

これなら上手くいくだろうと予定を組まれたゆるい移住の取材の受け方…


22日に、富士通のあしたのコミュニティーラボっていうコンテンツの取材が来ました。

なんなのかは聞いてなかった笑

けど、めっちゃ面白い方たちだった。

 

先日、久しぶりに新しいテレビ局の取材を受けた話を書きましたが、実はあれ、見事にボツになりました。

だろうね。

というのがメンバーの総意です笑

 

テレビに使えるわけねーだろという意見あり、あれこそがゆるい移住の本質だったから、あの映像は貴重だという意見あり、まあ、地上波では使えないかな笑

 

そんな失敗があったばっかりだったので、前回の二の舞になるのは避けたいと若新さんが考えた結果、取材は深夜になりました笑

ゆるパよりも遅い、21時スタート。

この時間なら、メンバーもいろいろ話すはずと設定してくれたらしい。

うちらわがままな芸能人みたいな扱い笑

 

写真はこれしかなかった。

雰囲気だけ。

 

image

 

21時ほぼぴったりに、5人で取材に来てくれました。

こんな多いとは!ってびっくりしたけど、お酒もおつまみもたくさん持ってきてくれたので、とりあえず開始。

 

取材かーと思ってたけど、ほとんど取材する気はなかったようで。

市役所でかたい話は聞いてきたんで、あとは楽しく飲みながら…とのこと。

そういうときにこそ、メンバーの本音とか面白さが出るから、こっちとしても嬉しかった。

 

しかも、富士通とか言うからめっちゃかたい人たちかと思ったら、全然そんなことはなくて、話が盛り上がりまくってびっくり。

そのうちの1人は、若新さんの就活アウトロー採用出身だったり。

ゆるい移住にもアウトロー参加者がいるんだけど、取材する側にそんな人がいるって前代未聞笑

私よりもゆるい移住に馴染むんじゃないかと思った。

 

最初は自己紹介とか言いつつ、質問に答えてたらなんだか話が盛り上がってしまって、近くにいる人と好き勝手話すみたいな流れになってた。

いろんなとこでみんなの想いが溢れ出してて、面白かった。

けどあの状態で録音できてたのかな?笑

 

 

印象に残った話は、

普通の人は、どこかに問題があって、それを解決する。

つまり、外にある問題を自分から見つけに行く。

ゆるい移住にいる人の多くは、そうじゃなくて、今自分の中にある問題と向き合って、解決していこうとする人な気がするって話。

 

昔は、生きていくことに精一杯で、人間みんなの問題は飢えや貧しいことで共通してて、それを解決しようとしてたけど、なんでも揃ってるこの時代に、それぞれの抱える問題なんて多種多様なんだし、それは今の時代、当たり前なんじゃないかな、とか話してた。

 

けど、いかんせん酔っ払ってたもんで、たいして覚えてない笑

とりあえず、うちら仲良しだし、飲み会とか楽しいねーって感じでした。

 

この取材がどんな風に反映されるのかとっても楽しみ。

形になったらここでもご紹介します。


The following two tabs change content below.
ものを書くことをお仕事にしているんだけど、ゆるブロを書くことの方が楽しくなっちゃって仕事より真剣。 実は夏までパティシエだった謎の23歳。 最近の野望は、「ゆるブロのしおりん」の名を鯖江中に轟かせること!

最新記事 by 江戸 しおり (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です